SPフレキ SPスーパーフレキ7
特長・性能概要・構造・種類・取付要領とお願い




特長
施工性・耐食性をベースに経済性を追求して開発しました。
1 耐食性
SUS材の中でもより高品質なSUS316材・肉厚0.4mmを使用しているため腐食に強く抜群の耐久性を持っています。
2 施工性
スプリンクラーフレキ開発時より採用している、回転ニップル構造のため取付が簡単で施工のスピードアップがはかれます。
3 経済性
フレキ部をスパイラル方式にすることにより当社従来品に比べ大幅な低価格を実現できました。

性能概要
■湿式配管に使用するものであること。
■最高使用圧力:1.4Mpa
■最小曲げ半径:内径60mm・120度以内
■放水時反力:32N以下
■流量80/分における配管用炭素鋼管(JIS G3452)
 呼び径20A相当の等価管長
フレキ呼び寸法(mm)
1,100
1,400
1,700
2,300
2,800
3,300
4,000
等価管長(m) 80リットル
20.0
16.5
23.0
26.5
32.0
35.0
36.5
等価管長(m) 50リットル
8.6
4.2
13.1
14.8
18.7
19.1
22.0

構造
No
部 品 名
材 質
数 量
備 考
1
フレキシブルチューブ SUS316
1
t=0.4
JISG4305
2
回転式テーパニップル FCMB
27-05
1
Crメッキ
JISH3250
3
回転式ニップル胴 STKM13
A-E-G
1
Crメッキ
JISH3250
4
内周Oリング NBR
1
JISB2401 S26
5
外周Oリング NBR
2
JISB2401 S32
6
ソケット SUS304
1
JISG3459

種類
呼び
長さ(mm)
螺旋
波状部の数
L
許容差
1100
1104
±20
1
1400
1413
±25
4
1700
1703
±30
5
2300
2303
±45
6
2800
2823
±60
7
3300
3313
±60
8
4000
4013
±60
8
取付附属部品
構造

取付要領とお願い
SPスーパーフレキ7の近くで熔接作業を行わないでください。火花等がフレキにあたりますと穴があくことがあります。
●一次側回転ニップル・二次側ソケットの端部より50mm以内ではSPスーパーフレキ7を曲げないでください、漏水の原因となることがあります。
●呼び寸法1400以上のフレキ部での曲げは螺旋波状部の中心を基準にして曲げてください。
●一次側ニップル部、先端ソケット部以外の部分にはパイプ振止金具、パイプレンチ等をかけないでください。
●SPヘッドの固定は確実に行ってください。
SPスーパーフレキ7が配管ダクトなど他の機器に接触する危険がある場合、絶縁対策として防蝕テープ等を巻いてください。
SPスーパーフレキ7に配管等の荷重が加わらないよう取付けてください。
●配管時に中だるみのおそれのある場合は適当な位置で中間支持してください。(2m以上)
SPスーパーフレキ7の上に乗ったり、物を落下させたり、ひきずったりしないでください。
●湿式配管に使用するもので、乾式には使用できません。

TOP 会社概要 採用情報 製品情報 CADデータ 標準図 価格表 お問い合わせ カタログ請求
COPYRIGHT?2005 TOA KOKYU PIPE & VILVE MFG CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED 戻る